え?逮捕される?弁護士を呼ぶにはどうすれば良いの?

え?逮捕される?弁護士を呼ぶにはどうすれば良いの?

身に覚えの無い事件に巻き込まれて逮捕。
または冤罪。
仮にアナタが事件を起こしてしまった時に、それが明るみに出てしまった。
私達の日常生活とは程遠いと言われている刑事事件は、実は凄く身近なものなのです。
最近は少年事件も増えているらしく、いつアナタが被害者、加害者になるかわかりません。
仮に事件が起きて、逮捕された場合は何をすれば良いのでしょうか。
弁護士を呼べばいい。
そう思うのですが、どの様にして呼ぶのですか?また私選、国選と種類があるのですがどれを選択しますか?とっさにそんな事を言われても判断が出来ませんし、逮捕と言う通常の状態ではないので、混乱するのも無理はありません。
でもそんな時だからこそ、一分一秒がカギになるのです。
ちなみに国選と言うのは、国が選んでくれる弁護士を指すのですが、事件の分野に限らずランダムに選ばれるのでお勧めしません。
普段から出来る限り、どの方に弁護を依頼するか考えておく必要があります。

時間勝負!逮捕から送検までの流れや弁護士を呼ぶタイミング

逮捕から送検まで基本的に48時間以内です。
その時間の間に、弁護士に依頼をすると釈放される可能性がグッとあがると言われています。
ですが48時間の間にテキパキと事を動かせるのでしょうか。
冒頭でも申した様に、家族や自分自身が逮捕されると焦るのは当然ですので、日頃から弁護を依頼する方に目星をつけるべきです。
ちなみに送検されてから24時間以内に、何もせずにいると殆どの場合は勾留されると言って良いでしょう。
そしてそれから10日の間、誰とも連絡を取る事が出来ません。
通常はその間に措置が決まりますが、場合によっては更に10日間延長される事も考えられます。
社会人の場合は会社に迷惑がかかりますし、家族からの面会に関してもかなりの制限がかかるのです。
逮捕された時は弁護士にすぐ相談しよう
この状態で弁護士を呼ばないとかなり不利になるといえるでしょう。
逮捕されてからの48時間。
これがアナタの今後を左右する大切な時間になります。
それをどの様にして使うかはアナタ次第です。

Comments are closed.