電話代行って何だろう?

電話代行って何だろう?

今回は、電話代行サービスに関しての話をしようかと思っています。
簡単に説明をすると、秘書の代行をしてくれるって感じの職業になります。
実は、私、偉そうに語っていますが、恥ずかしながら電話代行って何?って感じでした。
では、何故、記事にしてみたかったのかと申し上げますと、SOHOや起業家に関することを調べていたら、このキーワードが出て来たのです!そして、電話代行って何だろう?と思って調べてみたら、凄く重要な職種だと思いました。
私のように、このサービスを知らない方に教えたいと思ったのです。
調べてみたところ、このサービスは、昭和40年代には始まっていたと言われるほど、かなり昔からあった職種だったのです。
でも、個人事業主とかじゃなければ、知らないサービスだろうと調べていて思いました。
大企業ともなると、秘書課などもあるので、このサービスは必要無くなってしまいます。
そういったことで、テレビなどのメディアでは大きく取り上げられることも無いので、一般人までには伝えられていないと言った訳なのです。
今回は、そんな陰から起業家達を支えてきた、電話代行と呼ばれる職業について紹介していきたいと思います。

起業家を応援する電話代行サービス

先に、電話代行サービスとは、多くの起業家を陰から支えてきた職種だと紹介しました。
では、一体どういったことで、陰から支えてきた職種なのかを説明しましょう。
起業をしたばかりの経営者にとって、重要なことと言えば、やはりコスト面が挙げられるでしょう。
まだ、事業を初めて間もない頃の話で、確実に稼ぎが出ていない時には、少ない人材で、または自分だけで作業をおこなう必要があります。
そんな時に、電話の番をしてくれるような人を雇えば、さらに1人分の人材コストが増えてしまいます。
そうすると、1ヶ月で20万円ほど支払うことになるかも知れません。
事業をおこなうことが苦しくなる経営者も出てくることでしょう。
そんな場合に、電話代行サービス会社であれば、月額で約10000円から電話の代行をしてくれます。
最高のプランになると25000円位上の料金が必要になりますが、人材コストよりも確実に安価でしょう。
苦手なものは誰かに任せたい、電話代行をしてみよう
ホームページを確認すると、サービスを利用している経営者の声があり、数年間利用している方がいることも分かります。
それほどまでに、電話代行は起業家にとって嬉しいサービスなのです。

Comments are closed.