結婚したらまず印鑑を作成すべし

結婚したらまず印鑑を作成すべし

皆さんは印鑑をいつ、どのタイミングで作成することが多いだろうか。
成人した時、社会人になった時など回答は様々だと思うが私はこう思う。
結婚したらすぐに作るべきだと。
夫婦別性などはちょっと置いておいて結婚すると女性の皆さんはだいたいの確率で姓が変わる。
そして結婚すると同時にやはり書類作成にサインや印鑑が必要な時が増えるのである。
ほれ旦那の会社に出す書類だ、保険関係だ、家購入だ、車購入だなんだととにかく増える。
旦那と姓が同じなのだから同じものを使えばいい、そういう時もある。
だが、別じゃないとダメな時も多々あるのだ。
種類も認印や実印など用途により使い分けていかねばならない。
ちなみに認印とは役所に登録されていないハンコのことで、家族で使えたりする物だ。
実印は役所に認められたもので、印鑑登録される唯一のハンコだ。
重要性が分かってもらえるかと思う。
不動産取引や遺産相続、自動車登録などに使用される。
なので私は結婚したらまず印鑑を作成すべしだと言いたいのである。

印鑑作成をするということ

印鑑の作成と言っても、認印あたりは皆さんもよくご存知のように百円均一などでも見かける物もあり、簡単な造りであるものが多い。
だが、いわゆる実印は簡単ではだめだ。
自分だという証明になるからだ。
どういうことかというと実印は住んでいる場所にある役所にちゃんと登録しないといけないのだ。
そして登録してその印鑑証明が発行され、それを手にした時、自分が自分であるという確固たる証明になるわけである。
一人に一つだけの物になるので、作成の際には偽造を防ぐために書体を工夫したり耐久性のある物を扱っているところを探すべしである。
最近では通販もかなりしっかりとされているので、一度調べてみるのが良いかもしれない。
私も結婚した時に主人の物は作ったのだが私自身のがないので、これからの将来を考えると作っておかねばと思う。
将来は自分の店を持ちたいので、契約だなんだとやはり私自身の実印が必要なのだ。
自分の印鑑を作成するということは自分自身に責任を持つということになるのかもしれない。

今や印鑑はネットで作成注文ができるのだ

私も最近将来を考えて、自分の印鑑を作成せねばと思いちょっと調べてみたのだが。
猫や犬のイラストが入ったものや、彫られた文字の一部がそうなっていたりするものや、様々な種類の物があった。
どれも乙女心をくすぐるような可愛さで、これを例えば会社の上司が社内で使用していたらそのツンデレさにキュンとしてしまうかもしれない。
だが、私的に少し驚いたのはやはり通販サイトがあるということだろうか。
昔は印鑑はその道の職人さんに頼んで彫ってもらい、出来上がればもらいに出向く、そんな感じだったからだ。
たまたま私が辿り着いたそのサイトでは個人用から会社用まで多くを取り揃えていて商品も画像付きでアップされているのでとても分かりやすかった。
将来自分の店を持ちたい私には持って来いな感じだ。

これから何かを始めようと考えている皆さんにもぜひお勧めしたい。
初めの一歩はまず自分の印鑑をきちっと作成しておいて、今からその時にそなえておくことだと。

Comments are closed.