学びを通じてを生きる力を養う「聖徳大学」

学びを通じてを生きる力を養う「聖徳大学」

創設以来「個性の尊重や社会で調和がとれる人間教育」を理念の一つとして掲げてきた聖徳大学。
変化の流れが激しい現代においては、その流れに乗り遅れることなく臨機応変に対応することが求められます。
こうした事態を鑑み、社会貢献ができる専門的能力や技術を備えた人材育成を積極的に行い、聖徳大学は独自の教育システム・カリキュラムを構築してきました。
創立者の宿願は長い時間を経て今にも生き続けており、高い知性と品性、そして豊かな情操や慈愛に満ちた女性の育成に尽力しています。
「すべての子ども達に愛情を注ぐ」ことを念頭に、生み出された歴史と教育を通じて得た知識・経験はすべての学生の大きな力となり、社会へと巣立った後も生き抜く力として学生たちを支えています。
保育を中心として聖徳大学では幼い子供たち全員に愛情を注げる人材育成を行っており、大学での授業だけでなく社会とも連携してより実践的で幅の広い学習・研究活動に努めています。

秘めた可能性を引き出し伸ばす聖徳大学の「学部・学科」

聖徳大学では保育を中心として「すべての子供たちに愛情を注げる人材育成」を目指しています。
学生たちが持つ個性を維持したまま社会貢献できる人格を形成するためには、十分な教育設備が必要となることから、聖徳大学には保育や栄養、そして看護など、児童と社会福祉に焦点を絞った学部・学科が多数存在しています。
児童学部・学科では幼稚園教員免許や保育士資格の取得を目指して、座学だけでなく実技や実習を徹底し、知識と判断力を持った「子供の専門家」として活躍できる人材育成が行われています。
また、児童教育の最先端である西欧での海外研修により、現代日本でも必要とされるグローバルな知識と理解力が得られます。
教育に対するこうした徹底ぶりは児童学部・学科だけではなく、心理・福祉学部心理学科や看護学部・学科でも同様の教育方針の下、授業が行われています。
今もなお、聖徳大学は知識だけにとらわれない学習スタイルで保育や看護など、数々のスペシャリストを生み出しています。

就職実績多数!聖徳大学が誇るカリキュラム

聖徳大学は学部・学科の専門性を高め、海外との教育協定により、その道のスペシャリストを数多く輩出してきました。
心理学や看護学、栄養学に音楽など児童だけでなく、児童を取り巻く環境からすべてにおける知識を身につけられるように編成されたカリキュラムは、聖徳大学の最大の特徴です。
授業の集大成でもある、幼稚園教員免許や保育士資格、そして国家試験で知られる管理栄養士といった各資格試験の合格率も高く、就職の実績も豊富なことで知られています。
どの学科からでも進学できる総合大学院が併設されているため、より広く・深く学ぶことで一層高度で専門的な職務を目指せるようになっていることも大きな特徴です。
聖徳大学では人の性質や特徴について非常に多くのことが学べるため、業種を選ばずその知識・能力が発揮できる強みがあります。

特に女性の社会進出が目覚ましい現代においては、社会に大きく貢献できる人材育成を理念としている聖徳大学の果たすべき責務は大きいと言えるでしょう。

Comments are closed.