パンフレット作成時のデザインのちがいはどこに出るか

パンフレット作成時のデザインのちがいはどこに出るか

ちまたにあふれる紙でできている印刷物。
あなたがほしいものを見つけた時に、まず手に入れたいのはそのほしいものの情報ですよね。
もっぱら最近ではホームページにそのほとんどが列挙されていますが、中でも詳しく掲載されているのはデジタルパンフレットというもの。
ほぼ紙のパンフレットをデジタル化したもので、いずれにしてもデザインを作成している人がいます。
まずパンフレットというのはなぜ必要なのでしょう。
もちろんその目的はいろいろあります。
電話帳のように分厚い商品のものから、会社の中身をさらっと知ってもらうためのもの。
商品のイメージを高めて購買につなげようとするもの。
目的は様々あれど、その目的に応じて、デザインやレイアウトなどの作成の方向性や仕方がかなりちがったものになります。
見ていて楽しい、かっこいい、よくわかる、きれい、など思われるものは、かなり綿密に打ち合わせを重ね、いいパンフレットを作ろうという思いが満ち溢れ、デザインをする作成者にもそれがあるものです。

作成する側はどんな思いでパンフレットをデザインしている?

あなたが見ていて楽しいパンフレットとはどんなデザインで作成されたものでしょう?一般的に、パンフレットを手にする時は、自分の趣味嗜好が満載のものが多いでしょう。
たとえば旅行のそれを手にする時は、旅行に出る前にシミュレーションし、そこへ行ったイメージを膨らませるため、あるいは料金やホテルの中身を比較するために手にします。
結婚式のものも、自分が皆に祝福されているシーンを思い浮かべる、そして皆が料理に喜んでくれているのをイメージしたりします。
車であれば、自分がそれを手にして運転しているシーンをイメージして、これからのカーライフを夢見ます。
つまり、自分がこれから夢を実現しようとする時に手にするのがパンフレットです。

デザインをする側、作成する側も、そんな手にする人たちの夢を担っているわけです。
つまり、その夢を持つ人たちに成り代わり、少しでも夢のある、少しでも役にたつ、少しでも感動してもらえるようなものを作ろうと努力を重ねていかねばならないのです。

Comments are closed.