パンフレットを作成する側もデザインを勘違いしないように

パンフレットを作成する側もデザインを勘違いしないように

パンフレットを作成する時のデザインについてお話をしましょう。
まず、メーカーなり代理店なりのクライアントがパンフレットを作りたい旨を制作側に伝えてきます。
その時は、こんなものを作りたい意思をもちろん、伝えてきます。
しかしそれはあくまでもイメージであり、既存のものを参考にこうしたいというもの。
デザイナーは、そのイメージを忠実に表現しながら、既存のものではないそれを越えたものを作らなければならないのです。
ここでよくデザイナーは勘違いをし、自分のオリジナリティを出したがる。
それはクライアントの意思が反映されていなかったり、ただデザイナーの嗜好だけで作られたりする場合がありますが、決してそれはしてはいけません。
まず、お客さんの意見ありきで物事を進めなければ一人前のデザイナーとは言えません。
そうして、クライアントと意見を交換しながら試行錯誤を繰り返し、作成されたデザインで構成されたパンフレットは、すぐに改訂されたりせず、長く大切に使われたりするものが多いものです。

Comments are closed.