キャリムエンジニアリングが実践する輸送

キャリムエンジニアリングが実践する輸送

なぜ、私がこれほどキャリムエンジニアリングの輸送事業と船の進化を説くのか。
逆に想像してもらいたいのですが、キャリムエンジニアリングのように精密機械を輸送する船がどのようなものかを。
精密機械を輸送するということは、通常の貨物船と同じというわけがありません。
現代の私たちが海外に行くと考えた場合、ほとんどの方が飛行機での移動を手段として選ぶと思います。
飛行機の方が断然早いですからね。
ただ、飛行機は大型の荷物を一度に運ぶことができません。
なので、大型の荷物を運ぶとなると、船を利用する必要があるのですが、船がいくら進化していても、海という大自然を移動するのは簡単なことではありません。
ましてや、精密機械というデリケートな物を運ぶわけですから、船の精度はもちろん、梱包から搬入、船内での設置などすべてが正確で行われていないと輸送できないのです。
つまり、キャリムエンジニアリングのように、とても繊細の物を輸送するということは、そう簡単なことではなく、今までの船の歴史が総結集して初めてできることなのです。

Comments are closed.