理容室と美容室の事情は沖縄でも同じ

理容室と美容室の事情は沖縄でも同じ

男性であれば、小さな頃は散髪屋、いわゆる理容室を利用することが多いと思います。
沖縄でもそれは変わらないと思いますが、何をきっかけに理容室から美容室に変わるのでしょうか。
一般的に理容室は、家族代々で続けてきているところが多く、オーナーがある程度の年齢になるまで引退しないですし、子の代の人も一緒に現場に立つということがよくありました。
基本は親のテクニックを真似ていくのが当たり前であったので、親であろうが子であろうが、どうしても変わり映えがしないように感じて、ある程度オシャレを意識する年になった段階で理容室を避けるようになり、流行りのヘアスタイルを求めて美容室に変えるのだと思われます。
美容室も家業としてやっているところもあるでしょうが、理容室よりは自由度が高いこともあってか、若くして自分の店を持つ人も多いようです。
若い感性があるうちに開業し、話題を集めたりするために流行には敏感でいなければいけないので、男女関わらず、若い顧客が集まるのでしょう。
しかし、開業資金もかなりかかるので、顧客を掴めなければ数年で閉店に追い込まれてしまう場合も多いわけです。
沖縄で美容室開業を思案している人も、夢と現実が背中合わせであることを知る必要があります。

Comments are closed.