多くの人に愛されるちりめん山椒

多くの人に愛されるちりめん山椒

そもそもちりめん山椒はなぜあのような形になったのか、海や漁場から遠かった京都だからこそ生まれた食べ物なんですよ。
生で魚などを食す機会が少なかったので、醤油や塩・味噌などで味付けをして保存するという風習はがあったそうです。
そこに、昔から親しまれていた山椒の実を加え、煮あげたものがちりめん山椒の始まりといわれています。
京都の生活の中から生まれた食の文化が、現代に至るまで長くそして幅広く愛されていることは和食の誇るべきところなのではないでしょうか。
スパイシーな食べの物を好む外国人にも人気なのだそう。
もっと日本の食文化に触れて、好きになって欲しいですね。
そして海外バージョンのちりめん山椒も出てきたら国際交流のきっかけにもなります。
日本の食には、昔から親しまれてきた魅力的な食材が沢山あります。
お祝いの場面や、お土産にも喜ばれるちりめん山椒。
気軽に買えるインターネット通販を利用して、家族やお友達、大切な人への贈り物にしてみてはいかがでしょう。

Comments are closed.